1950年代後半に、電気化学チタン繊維固体電解質としてイオン伝導性ポリマーを使用するというアイデアが生まれました。当時、この技術は高分子電解質膜やプロトン交換膜(PEM)としてではなく、固体高分子電解質(SPE)として知られていました。PEM電解質の開発は、過フッ素化イオン交換膜であるナフィオンの発見と密接に関連していました。 DuPontによって発見され、最初のPEM電解質は1960年代にGeneralElectricによって開発されました。

PEM電解槽は、主に2つの電極とプロトン交換膜で構成されています。
拡散層材料については、現在、業界では焼結フェルト、チタンフェルト、カーボンフェルトが主な材料ルートとして使用されている。中でもチタンフェルトは陽極に、カーボンフェルトは陰極に主に使用されています。拡散層充填材は、材料と自社工程とのベストマッチングを実現するため、基本的にカスタマイズが要求され、各社の工程レベルを反映する核心的な側面の一つにもなっている。

General Clad は、長年、金属焼結マットの分野で活躍し、その後、プロセスの類似性の原則のもと、水素エネルギー用途のチタン繊維マットに事業を拡張した会社です。その結果、現在ではチタン繊維マットの研究開発、生産、販売を統合した近代的な国家的ハイテク企業となり、多くの知的財産権と強い国際総合競争力を持っています。

Lascia una risposta

it_ITItaliano