Compre diretamente da fábrica da China !

Porque nos escolher .

Com 6 anos de experiência no desenvolvimento e produção de fios bimetálicos, a General Clad tornou-se uma das mais famosas produtoras de CCS e CCA da China. Em 2020, conforme solicitado por nosso cliente, desenvolvemos a fibra de titânio com nossa tecnologia única na produção de fios metálicos. Isto fez da General Clad um dos poucos fabricantes que poderia produzir fibra de titânio e feltro de fibra na China.
ISO para fabricantes de arame traçador

Fábrica certificada ISO 9001 &14001.

 Todas as fibras de titânio e feltro de fibra são produzidas em nossa fábrica certificada ISO 9001 e ISO 14001.

11titanium fiber for microscopic

Material principal produzido em casa

A General Clad produz a fibra de titânio com nossa própria tecnologia que nos permite garantir a qualidade de nosso feltro de titânio desde o início. 

110.5MW-PEM-hydrogen-stack-com-titânio-gdl.webp 12 de dezembro de 2021 200 KB 1680 por 2489 pixels Edi

Qualidade em primeiro lugar

Entendemos que a qualidade do Ti GDL é fundamental para a Membrana . Como uma empresa voltada para a tecnologia, levamos seu feedback a sério e sempre desejamos melhorar o nosso.  

quem somos

General Clad é uma empresa especializada no desenvolvimento e fabricação de materiais como :

fábrica de revestimento geral

Notícias .

Acompanhe aqui nossas últimas notícias de feltro de fibra de titânio.
  • PEM水電解水素エレクトロリーでのチタン繊維フェルトの拡散層の製造およびコーティング処理を行います

    エキスパートのコアの視点: PEM電解タンクには、二板、ガス拡散層、電極の3つのコアコンポーネントがあります。 現在、ダイプレートとガス拡散層を局在化することができ、国内の膜電極は開発中です。 バイポーラプレートの生産ラインフローは、基本的に半導体やチップの生産ラインフローと同じであり、フィード、洗浄剤、そして徐々に露光、開発、修復、高温焼け入れ、エッチング、 復調、検査、完成品はプロセス完了後に保管されます。材料の選択において、金属バイポーラプレートは、ステンレス鋼、チタン合金、ニッケル系合金など、あらゆる種類の金属および合金に適した幅広いオプションを備えています 一定の耐用年数を確保するために、次のことを行います。 二重プレートおよびガス拡散層は、表面にコーティングする必要があります。通常はプラチナ、イリジウム、金、カーボンベース、およびその他の導電性防錆コーティングを使用します。 コーティング厚みの選択では、現在の一般的な化学電気めっきコーティングは厚さが約0.1 mmで、F ü rthのコーティングプロセスは0.1マイクロメートルを達成でき、金めっきでは100ナノメートルの厚さを達成できるため、コストを削減できます。 真空でのコーティングおよび操作前のプラズマクリーニングにより、ガス堆積は水コーティングよりも結合度が高くなります。 チタン繊維フェルト拡散層のオプション材料には、チタン、ニッケル、ステンレス、合金などがあります。 しかし、ニッケルベースの繊維には技術的な障壁があり、市場価格は高く、繊維材料を個別に処理し、顧客の要求に応じてカスタマイズされた加工製品を提供できるという利点があります。 sintered titanium fiber felt 当社の見解は次のとおりです: 現在、アルカリ性電解水水素製造技術と比較して、PEM水素製造ではコア材料の規模と位置の大きさが認識されておらず、設備コストも高くなっています。 二重プレートとガス拡散層は、PEM電解水のコアコンポーネントです。 コア部品の技術的最適化と位置決めを実現することで、PEM電解タンク装置のコストを大幅に削減し、水素エネルギー産業を推進することができます。
    Leia mais
  • PEM水電気分解に影響して水素推進のボトルネックを作ります

    PEM水電解槽の主な部品は内から外まで順次陽子交換膜で、陰陽はきわめて階、曇ったアノードガス拡散層、曇った陽極端板などを触媒します。 そのうちの拡散層、階と陽子交換膜を触媒することは膜電極を組成して、全体の水力発電電解槽供給物が及び伝送する電気化学反応したホームグラウンドのところ。膜電極特性と構造は直接PEM水電解槽の性能と寿命に影響します。 ある投資コスト面は、過去5年の電解槽コストはもう40%下がって、しかし現在のPEMは電気分解してコストは依然としてアルカリ性より電気分解することを投入する水の少なくとも何かの1倍。ランニングコストと投資して依然としてPEM水が電気分解して水素早急に解決を要した主な問題を作ります。 電解槽は電気分解する水水素システムを作る中核部分です。コスト構造を見れば、電解槽は水素システムの総コスト中のシェアを作って40%-50%としています。 陽子交換膜は電解槽の中核部分で、伝導した陽子は、水素と酸素を隔離するばかりかその上、まだ触媒のために支えることを提供します。その性能の優劣は直接水電解槽の性能と使用寿命を決定して、そのため全体の装置中に非常に重要です。 アルカリ水電気分解と違って水素を作って、PEM水は電気分解して水素を作って良好な化学安定性、プロトン伝導性、気体を持っていることを選択して使って性的なすべてのフルオロスルホン酸陽子交換膜を分けて固体電解質としてアスベストの膜に代わって、効が電子が引き渡して、電解槽安全性を高めることを阻止することができます。 陽子交換膜は製造して以前長期デュポンに、ゴアなどのアメリカと日本少数メーカー独占は、現在主にデュポンのnafion-711と511のシリーズを使用します。このシリーズは主にすべてのフルオロスルホン酸樹脂を採用して製造して、膜厚は普通の燃料電池交換膜の10-15の倍で、この全体コストのためとても高いです。 貴金属触媒方面は、PEM膜電極陽極と陰極は主に白金とイリジウム2種類の貴金属触媒を使用します。 しかし、上流資源の、この2種類の貴金属が中国の保管量のごくわずかにあることを見ることが分布することから、主に南アフリカ、ロシア、南米など地区に分布します。 拡散層材料方面は、現在の業界内は主にフェルトを結ぶことを煮ること、チタンフェルトと炭フェルトなどの材料路線を使用します。そのうちの陽極はチタンフェルト効果によって最高で、陰極は主に炭フェルトを使用します。材料と自家技術を実現するための最適な協力は、拡散層充填材料は主として全てオーダーメイドがかかって、これもはそれぞれの技術レベルを表す中核部分の一つです。 そのうちはすぐチタン繊維フェルトの専門サプライヤーの――General Clad Coを含めます。Ltd。General Cladは1軒が金属にフェルト領域深耕年余りを結ぶ企業を煮て、後は技術に似ていて原則下に業務を水素に応用することに延びて地域のチタン繊維フェルトを率いることができます。現在1軒が多項目知的財産権と国際総合競争力の集めたチタン繊維フェルト研究開発を擁して、一体の現代化国家ハイテク技術企業を生産し売ります。 拡散層陽極充填材料を除いて、バイポーラの板、端板などの部品は全て発生した水素のもろい現象を防止することによってチタン合金材料を使用する、進歩設備全体の安全性。チタン合金は加工するのが難しくて、企業に対して加工精度レベルは同じくとても高い要求を提出します。 全体は、PEMが水素の発展を作って発展の最中にあって勢いが衰えなくて、いくつかの技術部分を攻略することがかかって、大規模商業が変わることを実現すること必要であると言いに来る、阻と長さ。しかし、未来エネルギー版図に、水素はいっしょに重要なパズル明らかににできて、見通しは比較的に楽観的です。
    Leia mais
  • General Clad:PEMの作った水素チタンフェルトはサプライヤーを数量化することを大量売買します

    今年、来ることによって、電気分解の水は水素設備を作って市場で技術と全部実現することを持って著しく突破を持ちます。特にPEMが水素を作って、素早く優位性を止めることを開けることを備えるため、整合することができる再生可能エネルギー発電した変動性は、速度を発展させてなかでも速くて猛烈で、もう全体の関連中核部品企業のものを牽引して上で発展します。 そのうちはすぐPEM電解槽中核部品の一つのチタン繊維フェルトの専門サプライヤーの――General Clad Coを含めます。Ltd。General Cladは1軒が金属にフェルト領域深耕年余りを結ぶ企業を煮て、後は技術に似ていて原則下に業務を水素に応用することに延びて地域のチタン繊維フェルトを率いることができます。現在1軒が多項目知的財産権と国際総合競争力の集めたチタン繊維フェルト研究開発を擁して、一体の現代化国家ハイテク技術企業を生産し売ります。 水素に地域を率いることができて、General Clad団体は長年を借りて淀を溜めて、研究開発はPEMに使って水素を作るチタン繊維フェルト商品群を出しました。該当製品は1種類の空隙率であり高くて、口径は勾配構造のチタン繊維焼結フェルトになります。その技術はチタン絹糸のために特別な技術を経てマイクロメートル段階繊維を作成して、チタン繊維は製造を経て、調理は固まって、多孔性材料を作成して、それが独特である3Dのネットワーク繊維とすべてのチャイナユニコムの穴構造はそれに一連特別な機能を擁させます。水素応用、常圧60℃の条件、チタンフェルトを作ることに最高の電気分解性能、最適な口径、最も優れた透気性と空隙率を持っています。 データをテストして表明して、炭の紙と粉末チタンの板に比べます、チタン繊維フェルトのオーム抵抗は最小でありもたらし電位を過ぎて最小で、これによってエネルギー消費を下げて、電気分解性能を高めて、電圧は全部炭の紙と粉末チタンの板より低くて、チタンフェルトがさらに優れた電気分解性能を持っていると説明して、同時チタンフェルト空隙率はきわめて高くて、口径は大きくて、同じく気体の排出に有利です。
    Leia mais
  • Four EU countries pledge to boost installed offshore wind power for green hydrogen preparation

    According to foreign media reports: Recently, Germany, Belgium, and the Netherlands. Denmark committed to building at least 150 GW of installed offshore wind power capacity in the North Sea by 2050,...
    Leia mais
  • Fuel cells can improve the sustainability of lithium batteries

    According to foreign media reports: Since 1900, fossil fuels have emitted 90% of the world’s greenhouse gases (GHG). In addition, about 78% of GHG came from fossil fuel combustion and industrial...
    Leia mais
  • Hydrogen Energy News from 2nd to 8th of May

    1. Bosch: We will invest about 3 billion euros to develop electrification and hydrogen energy and other related technologies Recently, German industrial giant Bosch Group released its annual report, saying that...
    Leia mais
  • Analysis of the gas diffusion layer of PEM

    PEM hydrogen production selects the perfluorosulfonic acid proton exchange membrane. It has good chemical stability, proton conductivity, and gas separation. As a solid electrolyte to replace asbestos membrane, it can effectively...
    Leia mais
  • GrInHy2.0 High-Temperature Electrolyzer Project Gets Breakthrough

    According to Salzgitter Mannesmann Forschung, the electrolyzer broke through to produce 200Nm³ of green hydrogen for titanium felt per hour for the first time, and the project was able to demonstrate...
    Leia mais
  • Hydrogen Energy Industry Chain Analysis

    Hydrogen production of titaniumn felt Currently, the main hydrogen production method is coal-to-hydrogen. But it is unsustainable and has high abatement costs. So it is suitable for large-scale hydrogen production of...
    Leia mais

entre em contato .

    China

    • #9 Parque de inovação , Zona Industrial de Guangde, província de Anhui, R.P.China
    • [email protected]
    • +(86) 186-575-362-77

    Israel

    pt_BRPortuguês do Brasil